2010年01月15日

<架空絵画契約>名古屋の画廊社員 顧客21人4千万円被害(毎日新聞)

 名古屋市東区の絵画販売会社「ニホン画廊」の顧客が、画廊社員の持ちかけた架空の絵画購入契約を結ぶなどした後、クレジット契約の債務を負う被害が相次いでいることが8日、分かった。被害対策弁護団が明らかにした。弁護団が把握している被害者は21人、被害額は4000万円に及ぶ。弁護団は他にも被害者がいるものとみて、14日に電話相談窓口を開く。

 弁護団によると、絵画購入後にキャンセルを申し出た客に対し、同社社員が「実績を作りたいので、架空契約を結んでほしい。支払いは当社が行う」ともちかけた。当初は客に金が振り込まれていたが次第になくなり債務が残った。同種の被害は22契約あるという。他にも一時的に預けた現金が返金されないケースなど、16契約の被害があるという。

 池田勝光社長(59)は「クレジット会社とは顧客への請求をやめるよう交渉している」と話している。相談窓口では、計16人の弁護士が14日午前10時から午後4時まで対応する。番号は052・223・2355。【山口知】

外国人観光客引き寄せる 「昔の日本」イメージの田舎(J-CASTニュース)
<訃報>エリック・ロメールさん89歳=フランスの映画監督(毎日新聞)
実験中に爆発 6人負傷か 東京の巣鴨学園(産経新聞)
冷え込み 13日も 九州北部、強風や大雪(西日本新聞)
次世代電力網で日本連合後押し=24社でフォーラム−経産省(時事通信)
posted by rstmgv at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。