2010年06月18日

女子学生がセクハラ被害、芦屋大の契約職員解雇(読売新聞)

 芦屋大学(兵庫県芦屋市)で学生の就職支援を担当していた40歳代の男性契約職員が昨年、4年の女子学生(当時)からセクハラ被害の訴えを受け、諭旨解雇処分になっていたことがわかった。

 女子学生はセクハラのショックで就職活動を中断せざるを得なかったといい、「卒業後の進路決定に大きな支障が生じた」などとして、今年5月、芦屋大を運営する学校法人「芦屋学園」と男性職員に対し、慰謝料など330万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

 同大学によると、男性職員は昨年1月から、就職活動を支援する「キャリア支援センター」を担当、学生に面接やエントリーシート(企業向け応募用紙)の書き方などを指導していた。

 女子学生の弁護士によると、女子学生は昨年6月頃からセンターに通っていたが、「外で指導をする」などと男性職員の自宅やカラオケ店に呼び出され、体を触られるなどの被害を受けた。センターに行かないようにしていると、電話で「家に行くから待っていろ」とどなられたという。

 同大学は昨年7月、女子学生からの被害相談を受け調査委員会を設置。同9月30日付で男性職員を諭旨解雇にした。読売新聞の取材に対し、同大学は「プライバシーにかかわるため、事実関係についてのコメントは差し控える」としている。

【高速道路新料金】本当はどこまで無料化されるのか(レスポンス)
嘱託殺人 「苦しむ父、見かねた」容疑の少年(毎日新聞)
<COPD>慢性肺疾患で有識者検討会が初会合 厚労省(毎日新聞)
日本振興銀行を本格捜査へ=メール削除、検査忌避の疑い―銀行法違反で警視庁(時事通信)
宇宙ヨット「イカロス」 “帆”を展開(産経新聞)
posted by rstmgv at 22:56| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。