2010年01月13日

お土産乗せUターン渋滞 東北道(河北新報)

 年末年始を古里などで過ごした人たちのUターンラッシュが3日、ピークを迎えた。東北から東京方面に向かう新幹線は午後、乗車率が軒並み100%を超え、自動料金収受システム(ETC)の「1000円乗り放題」が適用された高速道路でも渋滞が発生した。

 東北、山形、秋田の各新幹線は上りの指定席が終日、満席の状態で、自由席は昼すぎに混雑が始まった。

 JR東日本仙台支社によると、曜日配列の悪さや不景気、ETC割引の影響で混雑は例年より少なめだったというが、午後1時10分盛岡発東京行き「やまびこ56号」は自由席の乗車率が仙台で160%を記録。新庄発東京行きのつばさ2本も山形で150%に達した。

 JR仙台駅では、旅行バッグやお土産を抱えた家族連れがホームに長い列を作った。仙台市の祖父母宅で正月を過ごした東京都武蔵村山市の保育園児狐崎明花(さやか)ちゃん(5)は「お年玉でジュースやお菓子を買いたい」と笑顔を見せた。

 東北自動車道は上り線が夕方に混雑のピークを迎え、午後5時半には古川インターチェンジを先頭に9キロ、福島トンネル付近でも午後4時に3キロの渋滞が起きた。

 仙台空港発着の国内便も込み合い、札幌や大阪からの到着便を中心に満席となった。


b0a77p2eのブログ
ブリリアントワールド
クレジットカード現金化
競馬情報
ショッピング枠現金化
posted by rstmgv at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴鹿の2億円強奪、手引きの被告起訴事実認める(読売新聞)

 三重県鈴鹿市のJA鈴鹿本店で昨年3月、日本通運の現金輸送車が2人組の男に襲われ、2億円が奪われた事件で、元暴力団幹部鳥山征児被告(36)(強盗罪などで起訴)らの手引きをしたとして、強盗ほう助罪に問われた津市美杉町、元日本通運社員伊藤良樹被告(37)の初公判が7日、津地裁で開かれた。

 伊藤被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、伊藤被告は2006年頃から、知人の鳥山被告に数万円から数十万円ずつ現金を脅し取られ続け、総額は1000万円に上っていたと指摘。動機について「鳥山被告から逃れたい一心で輸送の情報を教えた」と述べた。さらに、鳥山被告らは情報を基に、事件の8日前にも輸送車の襲撃を計画したが、この時は輸送車を発見できずに断念したとしている。

 起訴状によると、伊藤被告は、鳥山被告が輸送車からの現金強奪を企てていることを知りながら、昨年3月上旬から同17日頃までの間、携帯電話で数回にわたり、輸送ルートや時間などの内部情報を漏らし、鳥山被告らの強盗の手助けをしたとしている。

こんな歯科医は嫌だ!
さだおのブログ
競馬サイト
クレジットカード現金化 即日
パチンコ攻略
posted by rstmgv at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。